映画ライター森田真帆さん『あなたその川を渡らないで』レビューです。
9/23迄ブルーバード劇場で上映してます。☆☆☆☆☆☆

 

 98歳の夫と89歳の妻。おじいちゃんとおばあちゃんの夫婦愛を追ったドキュメンタリーとは聞いていたのですが、映画が始まって15分もたたないうちに、この楽しくて陽気なお二人の大ファンになっていました。

 

韓国の田舎でひっそりと暮らす二人は、まるで10代の恋人同士のよう。ふざけあったり、いたずらをしたり、一緒に歌を歌ったり。トイレに行くときも「外で待ってて」と甘えるくらいのおしどり夫婦。二人の幸せそうな姿に「もらい笑い」を何度もししました。そして、後半は「もらい泣き」です。歳を重ねるとともに訪れる老いと別れの辛さ。結婚76年、誰しもが「こうありたい」と思う夫婦像に笑い、泣きました。

 

 二人の夫婦だけではなく、親を亡くす子供の悲しさ、家族のあり方も詰まっています。夫婦の幸福だけではなく、家族の幸福とはなにか? をこの映画でずいぶん考えさせられました。一昨年、祖母を亡くしたときに「もっともっと一緒にいればよかった」と後悔した気持ちを思い出しました。上映後も、涙が止まらずトイレで大泣きしていると、同じ映画を観たご婦人が泣きながら入ってきて二人で泣きました。

 

 若者から大人まで一人でも多くの方に観てもらいたい、と思っていたこの素晴らしい作品をブルーバード劇場で上映ができることとなり、とてもとても嬉しいです。しかも最強のお年寄り!!!!である85歳岡村照館長のアイデアで「敬老の日」に合わせた上映となりました。大いに笑い、大いに泣いていただきたいと思います。

 

 

fced1b7664633fa3

上映中作品

画像

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ
◆11月8日公開◆
生まれたときからウェブサイトやSNSが存在する“ジェネレーションZ世代”のティーンたちのリアルな葛藤や恋、家族との関係を描き、全米で評判を集めた青春ドラマ。

画像

よこがお
◆11月8日公開◆
カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した「淵に立つ」の深田晃司監督が、同作でもタッグを組んだ筒井真理子を再び主演に迎え、不条理な現実に巻き込まれたひとりの善良な女性の絶望と希望を描いたサスペンス。

画像

生理ちゃん
◆11月8日公開◆
女性の生理をポップに擬人化し、多くの共感を呼んだ小山健の短編コミック「生理ちゃん」を、二階堂ふみ主演で実写映画化。

画像

解放区
◆11月1日公開◆
自ら命を絶った友人のミュージシャンを正面から描いたドキュメンタリー「わたしたちに許された特別な時間の終わり」を監督し、俳優としても活躍する太田信吾の初となる長編劇映画。

画像

世界から希望が消えたなら。
◆10月18日公開◆
宗教家の大川隆法が製作総指揮と原案を手がけた、医師から余命宣告を受けた男が体験した奇跡を描いたドラマ。

写真

書肆ゲンシシャのホームページへ
広告主募集
別府ブルーバード劇場ホームへ戻る