館長のひとがら

もう一度、あの頃の時代に。映画を観ながらゆっくりとくつろいでほしい。

昭和24年に創業して半世紀以上が経過してもなお、別府の町で大きな存在感をもつ歴史ある映画館「別府ブルーバード劇場」。今まで多くのお客様や関係者に支えられここまで運営してこれたのも、ひとえに館長の気さくさと温かい笑顔あってこそ。そんな館長のひとがらをちょっとだけ探ってみました。

別府ブルーバード劇場を運営される上でこだわっているポイントは?

館長写真最近では大分県内でも大手のシネコンが増え、集客力ではなかなか太刀打ちできないのが現状です。しかし、映画の良さは何よりも世界に没頭し、陶酔すること。当館ではそのお手伝いができるよう、ゆっくりと映画を観て頂くことに力を入れています。またシニア世代のお客様も多いので、どの世代にも楽しめる映画選びを心がけています。

ちなみに…館長のお好きな映画は?

たくさんありますね…。あえて挙げるとすると、「ひまわり」と「ローマの休日」ですね。「ひまわり」は主演がマルチェロ・マストロヤンニ、ソフィア・ローレン、日本での公開が1970年9月の傑作と呼ばれる反戦映画です。一番好きかもしれない。「ローマの休日」は言わずと知れた名作ですね。主演がオードリー・ヘプバーン…もう説明する必要もないですね(笑)。私は、この映画に出演していたグレゴリー・ペックが大好きです。

最後に映画の魅力とは何ですか?

やはり観るものを吸い込ませるというか、陶酔させる、その世界に浸ることができることですね。そして、音楽映画はもちろん一般の映画も、特に音楽が印象に残り、ストーリーとともに忘れられないものにさせてくれることですね。私はこの独特の空間が大好きで、この空間をより多くの人に味わってほしいので、周囲に「休みなさい!」と言われてもなかなかやめられないのです。これからもより多くのお客様により良い映画を提供していきたいと考えています。

館長写真

上映中作品

画像

サイコ・ゴアマン
◆9月17日公開◆
カナダの過激映像集団「アストロン6」のメンバーで、「マンボーグ」「ザ・ヴォイド」の監督として知られるスティーブン・コスタンスキが監督・脚本を手がけたSFスプラッターアドベンチャー。

画像

ココ・シャネル 時代と闘った女
◆9月17日公開◆
高級ファッションブランド「シャネル(CHANEL)」の創業者ココ・シャネルの人生に迫ったドキュメンタリー。

画像

太陽と踊らせて
◆9月17日公開◆
地中海に浮かぶイビサ島の伝説的DJ、ジョン・サ・トリンサを描いたドキュメンタリー。

画像

サムジンカンパニー 1995
◆9月10日公開◆
国際化のため激変する90年代の韓国を舞台に、大企業に勤める3人の高卒女性社員たちが、会社の不正に立ち向かっていく姿を痛快に描いたコメディドラマ。

画像

映画 太陽の子
◆9月10日公開◆
柳楽優弥、有村架純、三浦春馬の共演で、日本の原爆開発を背景に時代に翻弄された若者たちの姿を描き、2020年8月にNHKで放送されたドラマ「太陽の子」を、ドラマ版とは異なる視点で描いていく劇場版。

画像

83歳のやさしいスパイ
◆9月10日公開◆
老人ホームの内定のため入居者として潜入した83歳の男性セルヒオの調査活動を通して、ホームの入居者たちのさまざまな人生模様が浮かび上がる様子を描いたドキュメンタリー。

写真

kingyocoffee
広告主募集
別府ブルーバード劇場ホームへ戻る