館長のひとがら

もう一度、あの頃の時代に。映画を観ながらゆっくりとくつろいでほしい。

昭和24年に創業して半世紀以上が経過してもなお、別府の町で大きな存在感をもつ歴史ある映画館「別府ブルーバード劇場」。今まで多くのお客様や関係者に支えられここまで運営してこれたのも、ひとえに館長の気さくさと温かい笑顔あってこそ。そんな館長のひとがらをちょっとだけ探ってみました。

別府ブルーバード劇場を運営される上でこだわっているポイントは?

館長写真最近では大分県内でも大手のシネコンが増え、集客力ではなかなか太刀打ちできないのが現状です。しかし、映画の良さは何よりも世界に没頭し、陶酔すること。当館ではそのお手伝いができるよう、ゆっくりと映画を観て頂くことに力を入れています。またシニア世代のお客様も多いので、どの世代にも楽しめる映画選びを心がけています。

ちなみに…館長のお好きな映画は?

たくさんありますね…。あえて挙げるとすると、「ひまわり」と「ローマの休日」ですね。「ひまわり」は主演がマルチェロ・マストロヤンニ、ソフィア・ローレン、日本での公開が1970年9月の傑作と呼ばれる反戦映画です。一番好きかもしれない。「ローマの休日」は言わずと知れた名作ですね。主演がオードリー・ヘプバーン…もう説明する必要もないですね(笑)。私は、この映画に出演していたグレゴリー・ペックが大好きです。

最後に映画の魅力とは何ですか?

やはり観るものを吸い込ませるというか、陶酔させる、その世界に浸ることができることですね。そして、音楽映画はもちろん一般の映画も、特に音楽が印象に残り、ストーリーとともに忘れられないものにさせてくれることですね。私はこの独特の空間が大好きで、この空間をより多くの人に味わってほしいので、周囲に「休みなさい!」と言われてもなかなかやめられないのです。これからもより多くのお客様により良い映画を提供していきたいと考えています。

館長写真

上映中作品

画像

アナと世界の終わり
◆8月23日公開◆
ゾンビが蔓延した町で戦う高校生たちの葛藤と成長をミュージカル形式で描き、世界各地のファンタスティック映画祭で話題を呼んだ青春ゾンビミュージカル。

画像

ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave
◆8月23日公開◆
定年後にサーフィンに目覚めて種子島に移住した中年男性の第2の人生を、大杉漣主演で描いた「ライフ・オン・ザ・ロングボード」の続編。

画像

長いお別れ
◆8月16日公開◆
初の商業映画監督作「湯を沸かすほどの熱い愛」が日本アカデミー賞ほか多数の映画賞を受賞するなど高い評価を獲得した中野量太監督が、認知症を患う父親とその家族の姿を描いた中島京子の小説「長いお別れ」を映画化。

画像

ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)
◆8月23日公開◆
原発事故から8年を経ても続く福島県の被災地の深刻な状況を、オペレッタや多彩なアニメーションなどを交え、陽気な騒ぎにくるんで描いた異色の作品。

画像

あの日のオルガン
◆8月17日公開◆
第2次大戦末期に保母(保育士)たちが幼い園児たちとともに集団で疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた「疎開保育園」の実話を戸田恵梨香と大原櫻子の主演、山田洋次作品の多くで脚本、助監督を務めてきた平松恵美子の監督、脚本により映画化。

写真

書肆ゲンシシャのホームページへ
広告主募集
別府ブルーバード劇場ホームへ戻る