上映スケジュール

上映中の作品

わたしは光をにぎっている

上映開始日:2020年01月17日

上映期間:1月17日(金)~1月30日(木)
監督:中川龍太郎
出演:松本穂香/渡辺大知/徳永えり ほか

解説:モスクワ国際映画祭で受賞した「四月の永い夢」や、東京国際映画祭に出品された「愛の小さな歴史」「走れ、絶望に追いつかれない速さで」などで注目される若手監督・中川龍太郎が、ひとりの若い女性が自分の力で自分の居場所を見つけていく過程を描いたドラマ。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」やauのCM出演で知られ、「おいしい家族」など出演作の公開が続く松本穂香が主演を務めた。20歳の宮川澪は、両親を早くに亡くし、祖母と2人で長野県の湖畔の民宿を切り盛りしていたが、祖母が入院してしまったことで民宿をたたまざるを得なくなる。父の親友だった涼介を頼りに上京し、涼介が経営する都内の銭湯に身を寄せた澪は、都会での仕事探しに苦戦し、次第に銭湯を手伝うようになる。
(以上、goo映画より引用)

わたしは光をにぎっている

1月24日(金)~1月30日(木)

16:35
~18:10





※予告なく変更する場合がございますので事前にお問い合わせください。

おいしい家族

上映開始日:2020年01月17日

上映期間:1月17日(金)~1月30日(木)
監督:ふくだももこ
出演:松本穂香/笠松将/モトーラ世理奈 ほか

解説:映画監督のほか小説家としても活躍する新鋭ふくだももこ監督が、かつて自身が手がけた短編映画「父の結婚」を長編化。妻を亡くした父親が再婚するまでの親子の日々を描いた原作短編映画から、舞台を離島に移し、エピソードやキャラクターを追加して家族の絆とそれに向き合う主人公の心境をより深く描き出した。銀座のコスメショップで働く橙花は、母の三回忌に実家のある離島へ帰るが、そこでなぜか父・青治が母の服を着て生活している姿を目撃する。驚く娘を意に介さず、青治は「この人と家族になる」と居候の男性・和生を紹介する。
(以上、goo映画より引用)

おいしい家族

1月25日(土)~1月25日(土)

14:55
~16:30





おいしい家族

1月26日(日)~1月30日(木)

14:50
~16:25





※予告なく変更する場合がございますので事前にお問い合わせください。

国家が破産する日

上映開始日:2020年01月17日

上映期間:1月17日(金)~1月30日(木)
監督:チェ・グクヒ
出演:キム・ヘス/ユ・アイン/ホ・ジュノ ほか

解説:1997年に韓国で実際におこった通貨危機の裏側を描いた社会派ドラマ。1997年、韓国経済は急成長を遂げ、いつまでも好景気が続くと多くの国民が信じて疑わなかった。そんな中、韓国銀行の通貨政策チーム長ハン・シヒョンは通貨危機を予測していた。政府は非公開の対策チームを招集するが、国家破産まで残された時間はわずか7日間しか残されていなかった。独自に危機の兆候をキャッチし、これを好機と見た金融コンサルタントのユン・ジョンハクがある大勝負に出る。
(以上、goo映画より引用)

国家が破産する日

1月25日(土)~1月25日(土)

21:00
~22:54





国家が破産する日

1月26日(日)~1月30日(木)

18:20
~20:14





※予告なく変更する場合がございますので事前にお問い合わせください。

パリに見出されたピアニスト

上映開始日:2020年01月24日

上映期間:1月24日(金)~1月30日(木)
監督:ルドビク・バーナード
出演:ランベール・ウィルソン/クリスティン・スコット・トーマス/ジュール・ベンシェトリ ほか

解説:夢を持たずに生きてきた不良青年と、彼の才能を見いだしピアニストに育てようとする2人の大人たちの物語を描くフランス製ヒューマンドラマ。パリ、北駅に置かれた1台のピアノ。マチューの楽しみは、自分を追う警察官の目を盗んでそのピアノを弾くことだった。そこへ通りかかった音楽学校のディレクター、ピエールはマチューの才能に強く惹かれ、ピアニストとして育て上げたいと声を掛ける。乗り気ではないマチューだったが、実刑を免れるため無償奉仕を命じられた音楽院で、ピエールや厳しいピアノ教師エリザベスの手ほどきを受けることに。
(以上、goo映画より引用)

パリに見出されたピアニスト

1月25日(土)~1月25日(土)

13:00
~14:46





パリに見出されたピアニスト

1月26日(日)~1月30日(木)

12:55
~14:41





※予告なく変更する場合がございますので事前にお問い合わせください。

津軽のカマリ

上映開始日:2020年01月24日

上映期間:1月24日(金)~1月30日(木)
監督:大西功一
出演:高橋竹山(初代)/高橋竹山(二代目)/高橋哲子 ほか

解説:津軽三味線の巨星・高橋竹山(初代)のドキュメンタリー。1910年に青森で生まれた竹山は、3歳の時に患った麻疹によりおおよその視力を失ってしまう。庶民の暮らしが貧しい時代、竹山は生きていくために三味線を習い、自らのものにした。竹山は、自身にとって恨めしくもあり、愛おしくもある北東北の地に拠点を置き、津軽の音を探し続けた。生前、「津軽のカマリ(匂い)がわきでるような音をだしたい」と語っていた竹山の映像や音声、生前の彼を知る人びとの証言から、高橋竹山の人生や心情を紡いでいく。
(以上、goo映画より引用)

津軽のカマリ

1月25日(土)~1月25日(土)

10:30
~12:14

18:20
~20:04




津軽のカマリ

1月26日(日)~1月30日(木)

11:00
~12:44





※予告なく変更する場合がございますので事前にお問い合わせください。

上映中作品

画像

わたしは光をにぎっている
◆1月17日公開◆
モスクワ国際映画祭で受賞した「四月の永い夢」や、東京国際映画祭に出品された「愛の小さな歴史」「走れ、絶望に追いつかれない速さで」などで注目される若手監督・中川龍太郎が、ひとりの若い女性が自分の力で自分の居場所を見つけていく過程を描いたドラマ。

画像

おいしい家族
◆1月17日公開◆
映画監督のほか小説家としても活躍する新鋭ふくだももこ監督が、かつて自身が手がけた短編映画「父の結婚」を長編化。

画像

国家が破産する日
◆1月17日公開◆
1997年に韓国で実際におこった通貨危機の裏側を描いた社会派ドラマ。

画像

パリに見出されたピアニスト
◆1月24日公開◆
夢を持たずに生きてきた不良青年と、彼の才能を見いだしピアニストに育てようとする2人の大人たちの物語を描くフランス製ヒューマンドラマ。

画像

津軽のカマリ
◆1月24日公開◆
津軽三味線の巨星・高橋竹山(初代)のドキュメンタリー。

レイトショーの案内

5名様以上のご鑑賞より通常放映時間の終了後に通常入場料金にてレイト上映を承っております。

レイト予約/貸館のお申し込みは当サイトのお問い合せフォームまたはお電話でご連絡下さい。

写真

doodles
広告主募集
別府ブルーバード劇場ホームへ戻る