館長のひとがら

もう一度、あの頃の時代に。映画を観ながらゆっくりとくつろいでほしい。

昭和24年に創業して半世紀以上が経過してもなお、別府の町で大きな存在感をもつ歴史ある映画館「別府ブルーバード劇場」。今まで多くのお客様や関係者に支えられここまで運営してこれたのも、ひとえに館長の気さくさと温かい笑顔あってこそ。そんな館長のひとがらをちょっとだけ探ってみました。

別府ブルーバード劇場を運営される上でこだわっているポイントは?

館長写真最近では大分県内でも大手のシネコンが増え、集客力ではなかなか太刀打ちできないのが現状です。しかし、映画の良さは何よりも世界に没頭し、陶酔すること。当館ではそのお手伝いができるよう、ゆっくりと映画を観て頂くことに力を入れています。またシニア世代のお客様も多いので、どの世代にも楽しめる映画選びを心がけています。

ちなみに…館長のお好きな映画は?

たくさんありますね…。あえて挙げるとすると、「ひまわり」と「ローマの休日」ですね。「ひまわり」は主演がマルチェロ・マストロヤンニ、ソフィア・ローレン、日本での公開が1970年9月の傑作と呼ばれる反戦映画です。一番好きかもしれない。「ローマの休日」は言わずと知れた名作ですね。主演がオードリー・ヘプバーン…もう説明する必要もないですね(笑)。私は、この映画に出演していたグレゴリー・ペックが大好きです。

最後に映画の魅力とは何ですか?

やはり観るものを吸い込ませるというか、陶酔させる、その世界に浸ることができることですね。そして、音楽映画はもちろん一般の映画も、特に音楽が印象に残り、ストーリーとともに忘れられないものにさせてくれることですね。私はこの独特の空間が大好きで、この空間をより多くの人に味わってほしいので、周囲に「休みなさい!」と言われてもなかなかやめられないのです。これからもより多くのお客様により良い映画を提供していきたいと考えています。

館長写真

上映中作品

画像

マイ・ブロークン・マリコ
◆12月2日公開◆
平庫ワカの同名コミックを、永野芽郁の主演、「ふがいない僕は空を見た」のタナダユキ監督のメガホンで映画化。

画像

夜を越える旅
◆12月2日公開◆
佐賀の美しい風景を背景に、夢と葛藤を抱える漫画家志望の青年の旅を予測不能な展開で描いたロードムービー。

画像

夜明けまでバス停で
◆12月2日公開◆
「痛くない死に方」「禅 ZEN」などの高橋伴明監督が板谷由夏を主演に迎え、バス停で寝泊まりするホームレスにならざるを得なかった女性を主人公に、社会的孤立を描いたドラマ。

画像

愛する人に伝える言葉
◆12月2日公開◆
フランスを代表する名優カトリーヌ・ドヌーブと「ピアニスト」のブノワ・マジメルが共演し、ガンで余命宣告を受けた男とその母が穏やかに死と対峙していく姿を描いたヒューマンドラマ。

画像

シャイニー・シュリンプス! 世界に羽ばたけ
◆12月2日公開◆
実在するゲイの水球チームをモデルに描いたフランス映画「シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち」の続編となるロードムービー。

画像

ロマンポルノナウ
◆11月25日公開◆
日活ロマンポルノ50周年を記念し、気鋭の監督3人がそれぞれ作品を手がけるプロジェクト「ROMAN PORNO NOW」で製作された3作品。

写真

masakiyasyoten
kingyocoffee
広告主募集
別府ブルーバード劇場ホームへ戻る