別府ブルーバード劇場イメージ

ブルーバードの歴史

創業昭和24年歴史ある別府ブルーバード劇場のすべてはここから!

こちら

上映スケジュール

現在上映している映画の情報をご案内しています。

こちら

アイデア募集

さらに別府ブルーバード劇場を盛り上げるアイデアを募集中です。

こちら

お知らせ

イベント

写真

ブルーバード劇場46周年記念上映映画『団地』に決定!

ブルーバード劇場46周年の記念すべく上映映画は『団地』に決定❗

今年の7月は、「団地フェスタ!」です。昨年は、映画、「野火」で沢山のお客様に観て頂きました。今年の夏はブルーバード劇場と親交の深い阪本順治監督の『団地』16年前は『顔』で別府、姫島村もロケ地にブルーバードの映写室も場内も出ました。
その主演女優、藤山直美さん、岸部一徳さん、大楠道代さんと言う豪華な顔のメンバーが団地に出演してます。それに、今回は齋藤工さんも加わりました。ブルーバード劇場の場内には、5/15に来館の齊藤工さんと5/21来館の阪本監督に団地のポスターにサインをして頂いたのでお二方のサイン入り団地ポスターを展示してます。映画を観る前に是非観て下さいね。

7月23日、12時上映後、阪本監督の舞台挨拶です。こんな58歳が居てもええやんと映画を撮る貴方は本当に素敵です。
是非『団地』7/23〜8/12迄です。前売り券¥1,300別府トキハプレイガイド、ブルーバード劇場で発売してます。
阪本順治監督の舞台挨拶は、7/23初日12時上映後です。是非お待ちしております。(^3^)/

写真

齊藤工さん✖監督・矢崎仁司さん✖APU学生有志の皆さんのトークショーの開催

ブルーバード劇場より、お知らせです。

俳優の齊藤工さんが発案した映画館のない地域に映画を届けるプロジェクト「cinéma bird(移動映画館)」が特別イベントとして、当別府ブルーバード劇場にて5月15日、映画『無伴奏』13時40分の上映回後、齊藤工さん×監督・矢崎仁司さん×APU学生有志の皆さんのトークショーが開催されます。

写真

阪本順治監督が、二年ぶりにブルーバード劇場に!

ブルーバード劇場より、お知らせです。

ブルーバードとは映画「顔」からのお付き合い、阪本順治監督が二年ぶりに、ブルーバード劇場に来てくれます。

しかも今度はドキュメンタリー20年間、辰吉丈一郎、天才ボクサーを追い続けた世界でも比類のない奇跡のドキュメンタリーと共に、監督が大好きな古い何も変わってないブルーバード劇場に来てくれます。

5月21日(土)15:00から上映後、ブルーバードになくてはならない存在になりました照さんの片腕、森田真帆ちゃんとの、トークイベント、プロの映画ライター、きっと謎に包まれた、阪本順治監督から、色々聞き出してくれそうで、今からワクワクです。

で、中々お会い出来ない阪本順治監督、18:00からの回も、舞台挨拶をしてくれます。『ジョーのあした 辰吉丈一郎との20年』5/21~6/3迄上映です。

是非21日の15時の回か、18時の回へ、お越しください。前売券¥1300、別府トキハプレイガイド、ブルーバード劇場で発売中です。

お待ちしております。

写真

長島 一由 監督 の 舞台挨拶!

ブルーバード劇場では、
浅井力也君の絵画展に合わせて17日迄、1日2回上映してます。

動画は、10日の舞台挨拶の模様です。

絵画展も、映画もよろしくお願いします。

写真

映画『風のたより』上映決定!

ブルーバード劇場より、お知らせです。

4月23日から5月6日迄 映画『風のたより』の上映を決めました。
初日の4月23日この映画の向井宗敏監督がブルーバード劇場に舞台挨拶に来てくれる事が決定しました。

大変温かな良い映画です。
大杉漣さんの渋くて味のある演技と、新木優子さんの孫役が良いのです。脇役の加藤雅也さんも、素敵でした。

三世代で観て頂きたいのと、4月と言う季節にもすごく合う映画だと思います。是非、ブルーバード劇場へ、大分初公開の『風のたより』観に来て下さいませ。

尚、4月23日、18時上映後に向井宗敏監督舞台挨拶があります。
24日も10時半上映後、監督にお願いして、舞台挨拶をして頂ける事になりました。

前売り券¥1300、別府トキハプレイガイドと別府ブルーバード劇場で3月27日より発売します。

皆様、是非、お越し下さいませ。お待ちしてます。

写真

『The Calling -神様から与えられたお仕事-』上映決定!

4月13日(水)〜4月17日(日)に別府市内で開催される『浅井力也別府展』(映画の主人公である脳性まひの天才画家の個展)、および、同時開催される別府市障がい者アーティスト展にあわせて、ブルーバード劇場で映画『The Calling -神様から与えられたお仕事-』を上映します。

劇場公開としては、ブルーバード劇場が全国初の上映です!

上映初日の4月10日(日)には、長島一由監督(ドキュメンタリー映画初監督)が舞台挨拶を行います。

映画には、障害に負けず描き続ける天才画家 浅井力也氏と母親の三和子氏のほか、大分市在住でハンデを克服しながら絵を描き続ける小間希美さんも登場します。

映画『The Calling -神様から与えられたお仕事-』のナレーターは元フジテレビアナウンサーの近藤サトさん。ベテランの女性ナレーターですが、実は映画初ナレーション作品です。

日本を代表するような女性ナレーターの声をスクリーンで視聴すると、どれだけ迫力ある映像になるか。これも映画The Callingの見どころになります!!!

この映画は、東京藝術大学大学院の記録映像研究作品で、東京藝大の院生を中心に製作されたドキュメンタリー映画です。

前売り券を3月4日(金)より、別府トキワ・別府ブルーバード劇場にて、1,000円で発売いたしております。

同伴の小学生以下のお子様につきましては無料でご鑑賞いただけます。

主人公浅井力也氏の、生後間もないころから現在に至るまで30年間に及ぶ記録映像は圧巻です。

障がいを持ちながらも懸命に生き・表現する姿を、ぜひ、ご覧ください。

facebookfeed

上映中作品

画像

スティーヴ・マックィーン その男とル・マン
◆6月25日公開◆
スティーブ・マックィーンの代表作の一つである、1971年のカーレース映画「栄光のル・マン」の製作過程を描いたドキュメンタリー。

画像

孤島の太陽
◆7月2日公開◆
伊藤桂一の原作『仲ノ島よ、私の愛と献身を』(講談社版)を「青春ア・ゴーゴー」の千葉茂樹が脚色、「終りなき生命を」の吉田憲二が監督した保健婦の半生記。撮影は「娘の季節」の萩原憲治が担当した。

画像

さざなみ
◆6月25日公開◆
長年連れ添った夫婦の関係が1通の手紙によって揺らいでいく様子を通し、男女の結婚観や恋愛観の決定的な違いを浮かび上がらせていく人間ドラマ。

写真

広告主募集
別府ブルーバード劇場ホームへ戻る