別府ブルーバード劇場イメージ

ブルーバードの歴史

創業昭和24年歴史ある別府ブルーバード劇場のすべてはここから!

こちら

上映スケジュール

現在上映している映画の情報をご案内しています。

こちら

アイデア募集

さらに別府ブルーバード劇場を盛り上げるアイデアを募集中です。

こちら

お知らせ

2017年6月29日

【前売り券発売情報】
①夜空はいつでも最高密度の青色だ
②スプリング、ハズ、カム
③真白の恋
④Mother Lake
⑤ぼくと魔法の言葉たち
⑥海辺のリア
⑦彼らが本気で編むときは、
各1,300円にて前売り券発売中です。

⑧カラアゲ★USA

1,000円にて前売り券発売中です。

別府トキハ、別府ブルーバード劇場でお買い求め頂けますので宜しくお願いします。

2017年5月10日

急遽、イベントが決まりましたので、5月12日の映画上映スケジュールが下記のとおり、変更になります。
お客様には大変ご迷惑お掛けししますことをお詫び申し上げます。
*ジャッキー ファーストレディ最後の使命
 14:10~15:50
*哭声 コクソン
 16:00~18:35
*変態だ
 19:00~
*あれから
 5月12日イベントの為上映中止

2017年4月6日

さあ近づいて参りました。『國士参上』

2017年3月21日

3月23日は、映写機等のメンテナンスのため休館いたします。
お客様には大変ご迷惑お掛けしますが、よろしくお願いします。

2017年1月3日

新春一番のイベントのお知らせです。

イベント

写真

【トークイベント】マサ・ヨシカワ監督、出演の別府出身カメラマン佐藤哲郎さんが来館

遠くへ行きたい、テレビ番組でブルーバードに来てくれた寺島進さんがこう言ってます。「ミリキタニさんは日本人の誇りで、大好きな映画です」寺島進さんお勧め!

1920年サクラメント生まれのジミー・ミリキタニ(日本名・三力谷勤/2012年没)は、いったんは広島に渡るも、18才のときに兵学校に行くことを拒否して再び自由の国・アメリカへ渡米。

第二次世界大戦が始まるとツールレイクの日系人強制収容所に収容され、ジミーは米国市民権を放棄します。

その後ニューヨークの路上で猫の絵を描いては売るホームレス画家になりました。80歳になってもなお路上で描き続けたジミーの姿を、リンダ・ハッテンドーフが監督・撮影したドキュメンタリー映画「ミリキタニの猫」は、ニューヨーク・トライベッカ映画祭、パリ国際映画祭、東京国際映画祭などで受賞。

その後、ジミー・ミリキタニを追悼して制作された新作短編「ミリキタニの記憶」(マサ監督)と共に、「ミリキタニの猫《特別篇》」として別府ブルーバード劇場にて上映されます。

ここでしか観ることのできない、貴重な機会をお見逃しなく!

☆★☆★☆8/5(土)13:20上映後8/6(日)12:40上映後にマサ・ヨシカワ監督、出演の別府出身カメラマン佐藤哲郎さんブルーバードへ来館、トークイベントがあります。お相手はすずきよしこさんと映画ライター森田真帆となってます。

前売り券¥1000発売中です。

写真

映画「Floting Away」の上映が近づいて参りました。
映画「Floting Away」の上映が近づいて参りました。
前売り券は、別府トキハプレイガイド、ブルーバード劇場で発売中です。
今OBSでは、何度もCMしていますよ。

地元在住、衛藤昂監督、初日18:30、2日目13:00上映後、ブルーバードお馴染み森田真帆とのトークショーがあります。

そっ、そ、そして何と劇場公開記念にカナダからお客様主演のアンドリュー役、キャリーフィ―ハンはじめ、プロデューサ、関係者の方々が来てくれます。きっと楽しいトークタイムになること間違いなしです。

是非皆様、32歳、これからの衛藤監督、応援に来て頂きたいです。宜しくお願い致します。

facebookfeed

上映中作品

画像

海辺のリア
◆7月22日公開◆
小林政広監督が、「春との旅」「日本の悲劇」に続いて仲代達矢を三度、主演に迎えて描いた作品。

画像

彼らが本気で編むときは、
◆7月22日公開◆
「かもめ食堂」の荻上直子監督が5年ぶりにメガホンをとり、トランスジェンダーのリンコと育児放棄された少女トモ、リンコの恋人でトモの叔父のマキオが織り成す奇妙な共同生活を描いた人間ドラマ。

画像

ぼくと魔法の言葉たち
◆7月15日公開◆
自閉症により2歳の時に突然言葉を失った少年が、ディズニー映画を通じて徐々に言葉を取り戻していく姿を追ったドキュメンタリー。

画像

Mother Lake
◆7月15日公開◆
あの日僕らが見たものは真実か、幻か。

写真

広告主募集
別府ブルーバード劇場ホームへ戻る